人前では笑顔を作ります|症状や特徴などを調べてから適切な病院で治療を受けよう

症状や特徴などを調べてから適切な病院で治療を受けよう

人前では笑顔を作ります

医者

他人には気付かれにくい病気です

うつ病は増加傾向にある精神疾患のひとつですが、微笑み鬱で悩んでいる人が少なくありません。微笑み鬱は、体や精神面の不調があるにも関わらず、他人と接している時は明るく笑顔を絶やさない傾向があります。真面目で責任感が強く、世間体を気にする人が罹りやすい病気です。微笑み鬱は、一般的なうつ病の症状と体の不調が見られる病気です。食欲が低下したり、睡眠障害などが見られることが多いです。精神的にイライラしたり、不安感が強くなることもあります。人前では明るくしていますが、一人になると気分が落ち込み、意欲や気力が減退して、好きなことを楽しめなくなることもあります。気になる症状が見られる時は、精神科や心療内科を受診するのをお勧めします。一般的なうつ病に比べると、精神症状が軽いことが多いですが、放置をしておくと長期化することもあります。精神科や心療内科のクリニックで、うつチェックを受けたり、問診やカウンセリングを受けることで、病気が診断されることが多いです。最初は軽い薬を処方してくれるので、3週間以上は続けてみることが大事です。微笑み鬱は周囲の人が気付きにくい病気です。人前では明るくふるまっているけれど、同居している家族は違和感を感じることがあります。仕事や家事でミスが増えたり、午前中はぼんやりしていることが多くなります。微笑み鬱は一般的なうつ病と同様に、午前中は体調が優れないことが多いです。寝つきが悪くなったり、早朝に覚醒しやすい人は、うつ病の可能性があります。中高年以降の年代に多い病気です。

体調が優れなかったり、憂鬱な気分が続いているけれど、他人には悟られたくない人が少なくありません。微笑み鬱は周囲の人に、心配を掛けまいと笑顔で対応をしたり、明るくしていることが多いです。働き盛りの男性や、世間体を気にする中高年女性に多い病気です。微笑み鬱の疑いがある場合は、精神科や心療内科を受診することが大事です。精神症状が軽い場合でも、治療をせずに放置をすると悪化することもあります。結婚や引越しなどで生活環境が大きく変わったり、お子様が独立してしまい、寂しさを感じている時に発病することもあります。一般的なうつ病と同様に、精神的なストレスや、脳内のセロトニンの不足、疲労などが原因です。微笑み鬱に罹ると、人前では笑顔で対応をしていますが、イライラしている様子もあるので、周囲の人が気付くこともあります。配偶者や家族の協力を得られる場合は、精神科の病院やクリニックに付き添ってもらうと良いでしょう。社会的な地位を築いている人や、責任のある仕事を任されている人も、微笑み鬱に罹ることもあります。抗うつ剤や睡眠導入剤を服用することで、少しずつ気分が良くなってきます。胃腸の調子が優れないなどの体調不良がある時は、家族に家事や育児を手伝ってもらうことも大事です。身近に頼れる人がいない場合は、ベビーシッターに依頼したり、託児所などに預かってもらうことも大事です。十分な休息や睡眠が必要な病気なので、寝る前はカフェインを含んでいる飲料は控えるようにしましょう。家族の理解が必要な病気なので、悩みを聞いてもらうことも大事です。